出会い系アプリ(サイト)の種類についての解説

今回は出会い系アプリ(サイト)の種類について解説していく。細かくよりも大雑把にまとめてかいていくので読者のみなさんは「へぇ~、こんな特徴があるんだ」くらいで見てもらえればいいと思う。また日を改めそれぞれのアプリについて詳細は書いていきます。

出会い系アプリ(サイト)は主に5種類のサイトに分けることができる

・ポイントアプリ

・マッチングアプリ

・チャット系アプリ

・大手SNS(ツイッター、インスタ、LINE、カカオトーク)

・その他

順追って説明していくと

ポイントアプリ(サイト)とはPCMAXワクワクメールハッピーメール、イククル、Jメールなどを指す。どのサイトも老舗で「え、サクラばかりじゃん」と思う人もいれば「実際に出会えました」と言う人もいる。ポイントアプリの特徴としては登録自体は無料なのだが女性のプロフィールまたは女性が書き込んでいる掲示板を見る際やメールのやり取りをする際にポイントを消費していきそのポイントがなくなればその都度課金をしなくてはいけないのでお金が必要となる。ポイントは初めて登録したユーザーなら50Pくらいは付与されるので初心者にはありがたい。またポイントの消費の仕方が違っていてポイントアプリによって多少異なるがプロフィールを見る際には1ポイント消費し、メールを送信する際には5ポイント消費することになる。つまりメールのやり取りが一番のポイントになる。ポイントがかかるからといって、いきなりLINEを聞いても女性側からすると嫌悪感を与えることになるし、かといって長くダラダラと会話を続けてもポイントを消費しお金がかかる。その辺は上手くやらないといけない(今回はメールのやり取りうんぬんはスルーします)そして、ここからはみんなが気になってる話をしようサクラについて言えば実際のところはたくさんいるし、一昔前に比べて出会える数(円光、サクラは除く)も大幅に減ってきた。それはガラケーからスマートフォンに変わりSNSが一般の人にも広く普及したことと、もう一つはマッチングアプリの台頭によって女性陣が移ったから。あと円光やサクラにプラスして最近増えてるのはパパ活する女性が増えてきたと言うことそこんとこを頭の中に入れておけばポイントアプリは大丈夫だろう。

次に最近の勢いがあるマッチングアプリをいくつか紹介するとPairs 、タップル、mimi、with、クロスミーなどがある。特徴としてはポイントアプリは相手のプロフィールを見たり掲示板をみたり写メをみたりするだけでポイントが減らされていくのに対してマッチングアプリは見るのは無料である。しかしメールするときに金額が発生しアプリによって違うが月学3000円〜4000円かかってしまう。せっかく良い女性とマッチングしてもこの月学料金を払わないことには何にも進展しないのである。ちなみに月学とプランが色々あり一年(12ヶ月)プランだと月学が大幅に安くなるためお得である。ポイントアプリ同様登録したばかりの人に対してはマッチング用のポイントが付与されるのだがやはりメールするために課金はしないといけない。女性陣に関していえばポイントアプリみたいにサクラがいたり円光・パパ活目的の女性は物凄く少ない。筆者もアプリ内で見かけるがごくわずかであるので別に気にならない程度である。一般のフツーの女性達が多くではなぜサクラがいないかといえばFacebookを経由(登録)してからでないとマッチングアプリに登録できなかったりするのでサクラも扱いにくいと思われる。円光・パパ活目的の人はポイントアプリで活動した方が手っ取り早いしみんながそっちに流れてるのを知っているからマッチングアプリでは活動しにくいのかなと思う。まぁ男性陣からするとポイントアプリよりマッチングアプリを登録するのは自然な流れですね。マッチングアプリでも緩い固いがあって(固いっていうのは真面目ってことね)ペアーズなんかは真面目な子が多くてタップルはペアーズに比べたら緩かったりします。

次にチャット系アプリだけど、これは無料のやつと有料のやつがあって無料チャット系アプリでいえばマリンチャット、大人チャット、などで有料チャット系だとひま部になります。有料チャット系って結構悪質なアプリが多くてほとんどサクラなのに誘いのトーク(メール)がきてそれを返すために課金させてしかもその課金額がすごく高かったりして有料チャット系は今んとこひま部くらいしかオススメはありません。ここからは無料チャット系の話をするけど、もちろん円光・パパ活目的やサクラもいるし一般の人もいるしゴチャゴチャって感じです。ただ先に挙げたポイントアプリやマッチングアプリに登録するのは抵抗があるけどチャットアプリなら「まぁいいか暇つぶしに」って感じの女性が多くて別に出会いを求めてるわけではなく暇つぶしが多かったりします。ただ可愛い子もたくさんいるし、上手くいけば仲良くなって遊んだりもできるし何よりそれが無料で出会えるってのが無料チャット系アプリの醍醐味かと筆者は思うわけです。

次に大手SNSついてですが、二つに分けておくと連絡手段用のSNSと出会うため用のSNSです。まずは前者から必ず登録しておかないといけないのがLINEとカカオトークです。LINEは現代っ子なみなさんには当たり前としてカカオトークというアプリがあってこれはLINEの劣化バージョンと思えばしっくりくるかも。ではなぜ登録する必要があるかといえばポイントアプリやマッチングアプリなどから連絡先を交換する際に女性側から「LINEよりカカオがいいなぁ」と言われる場合と我々男性側からしてもLINE教えるのは抵抗あるなぁと思ったときにこのカカオトークが使えるわけ、なので登録はしておいてください。

そして出会うため用のSNSはツイッター、インスタグラムひと昔前ならミクシーです。ただこれらはリア友も絡んでくるので人によって用途が違ってきます。別アカを作る必要がある人もいるかもしれません。特徴としては完全無料であることそして他と比べて圧倒的に母数(女の数)が多いということこの二つです。ただしツイッターやインスタに登録している女性全員が出会い目的で利用しているわけではないし、万が一ドジを踏めば拡散もされリア友にバレたりするし、筆者が1番厄介だと感じるのが時間がかかってめんどくさいってことです。SNSだけで出会えるなら苦労はしないんですよ、無料だし(笑)だから、ポイントアプリやマッチングアプリが開発されるわけです。ただ使い方次第では可愛い子とも出会えるので後述しますがSNSのやり方も覚えて損はないです。

最後にその他ですが、これはポイントアプリ、マッチングアプリ、チャット系アプリ、大手SNS以外ってことです。例えば斎藤さんなんかがその他に含まれます。僕も何人か斎藤さんで出会ったことあります。

総括

どの出会い系アプリにも良いところ悪いところがあるのはたしかだが、圧倒的にオススメなのがマッチングアプリで特にペアーズとタップルである。グーグル先生に「出会い系アプリ」なんて検索かけても紹介されてるアプリがクソみたいなのとか利用層に応じて違ってくるのにやたらとPCMAXとかワクワクメールとかハッピーメールばかりゴリ推しされて僕からすると「え、さすがにちゃうやん?」とおもうことが多い。

とまぁこんな感じでなにがわかってほしかったかというと出会い系アプリやサイトを見た際に「これはポイントアプリか」とこ「あーこれがマッチングアプリね」みたいにみなさんが分類できるようになれば良いいなぁと思い書きました。

おわり。